イギリスの教育制度

イギリスには

  • State School(Funded School)と呼ばれる公立学校
  • Independent Schoolと呼ばれる私立学校

の2種類の学校があります。

 

義務教育は16歳までで、イギリスの教育は6つの段階に分けることができます。

 

基礎段階(3歳~4,5歳まで)

 

段階1 : Year1とYear2 (7歳まで)

Primary School, Pre-preparatory education

 

段階2 :Year3,4,5,6(7歳~11歳まで)

Primary School, Pre-preparatory education

 

段階3 :Year7,8,9(11歳~14歳まで)

Secondary School, Preparatory education

 

段階4 :Year10,11(14歳~16歳まで)

Secondary School, Preparatory education

 

段階5 :Year12,13(17歳~18歳まで)

Secondary School, Sixth form colleges, Further Eductaion colleges

 

公立と私立によっても微妙に年齢分けが異なり、呼び名も異なります。

そのため、日本人の目からは複雑に見えてしまうのがイギリスの教育制度です。

 

 

【Pre-school、Pre-preparatory education】

日本で言う幼稚園にあたります。

しかし、位置づけとしては最初の「教育」です。

Pre-schoolが公立、Pre-preparatoryが私立の学校の呼び名です。

 

【Preparatory education】

日本でいうところの小・中学校で、私立学校の呼び名です。

留学生は通常7歳で入学し11歳か13歳の時にSecondary Schoolに編入します。

 

【Primary Education】

日本で言う小学校で、公立小学校の呼び名です。

ほとんどのイギリスの子どもは4歳で公立学校へ入学し、その後11歳でSecondary SchoolやCollegeへと進学します。

 

【Secondary Education】

Secondary Schoolは公立・私立ともにあります。

最低でも16歳になるまでの教育を提供しています。

イギリスでは16歳時に受けるGCSEという試験があり、Secondary SchoolではこのGCSEや同等資格のための準備をします。

 

学校によってはsixth-formと呼ばれる16~18歳の生徒が在籍するコースを併せ持つ学校もあります。

 

【16歳以降の教育】

義務教育終了後に就職するかsixth-form コース生としてSecondary SchoolやCollegeでA-level(大学進学のための試験)の準備をすることができます。

イギリスのほとんどの生徒は大学進学を目指します。

 

【Further Education】

16歳以降に受ける教育と職業訓練のことを指します。

公立と私立の両方のカレッジがあります。

480以上のカレッジがあり、英語コースやGCSEやA-levelコース、また職業ベースのコース、さらに学位取得コースなど様々なコースがあります。

 

【Higher Education】

大学やカレッジ等で行われる学位以上の資格を取るための教育と職業訓練のことを指します。

イギリスには120の大学と50以上のHigher Education カレッジが存在します。

学士号取得コース、修士号、MBA取得コースなど様々なコースが選択可能です。

 

これらの教育システムはイングランド・ウェールズ・北アイルランドでほぼ共通です。

 

しかし、スコットランドではこれらとは異なり、GCSEに代わるNational4&5、A-levelに代わるScottish HigherやAdvanced Higherという試験が実施されています。

 

River Cam, The Backs waterway at King's College,. Chapel and historic Gothic tourist attraction at the University of Cambridge. Britain 100.

@visitbritainimages

 





  • 無料カウンセリング
  • イギリス留学“まるわかり”セミナー


お問い合わせはこちら
↑ページのトップへ戻る