出発から到着まで

空港から滞在先までの移動は?

イギリスの空の玄関の主なものにはロンドンヒースロー空港やガトウィック空港があります。

日本からロンドンまでの所要時間は直行便で約12時間です。

ここでは日本出発からイギリス到着までを順を追って説明していきますね。

 

【日本出発時】

1、利用する航空会社で搭乗手続きをします。

  • 出発便の約2時間前から手続きが可能です。

2、搭乗手続きに必要なものは下記のとおりです。

  • パスポート
  • 航空券(e-チケットの場合は航空会社によりスマホ等でe-チケット画面表示を求められることもあります)
  • 預け荷物

3、搭乗券と荷物の預かり証を受け取ります。

4、手荷物検査

5、税関検査

6、出国審査

 

 

【イギリス到着時】

1、入国審査

  • 入国審査の時に必要な書類などはUKVIのウェブサイトで最新情報をチェックしていきましょう。

2、荷物受け取り

3、税関審査

申告するものがない場合は「緑」、ある場合は「赤」へ進みます。

4、出迎えサービスを申込んだ場合は到着ゲートにて学校スタッフもしくはドライバーが待っています。

 

出迎えサービス利用者には事前に「緊急連絡先」をお渡しします。

 

この緊急連絡先は

  • 利用便に遅延や変更が生じた場合
  • 到着時に出迎えスタッフが見つけられなかった場合

に利用するためのものです。

 

連絡をしなかった場合は出迎えサービスを受けられません。

その場合、返金もありませんので注意が必要です。

 

 

滞在先への移動

出迎えサービスを利用しない場合、空港からは長距離バスなどの公共交通機関を使って自身で滞在先まで移動します。

 

ロンドン/ヒースロー空港からロンドン市内までなら

  • バス
  • 地下鉄
  • ヒースローエクスプレス

を利用して簡単に行くことができます。

 

出迎えサービスを利用しない場合でも

宿泊施設にだいたいの到着時間を知らせる必要があります。

 

Scaife Hall Farm, Yorkshire, England, UK

@visitbritainimages

 

滞在先に到着したら

空港から滞在先に到着!

いよいよイギリス生活の開始です。

 

【ホームステイ】

ホストファミリーとの対面です。

緊張と疲れ、期待と不安・・・

いろんな気持ちが入り混じった複雑な心境でしょう。

 

まずは簡単な自己紹介から始めます。

部屋を案内され荷物を置いたら、ホストファミリーから家の中の案内があるでしょう。

 

落ち着いた頃を見計らって、家の中でのルール(house rules)があるか

ホストファミリーに確認しておきましょう。

 

  • シャワー利用可能時間
  • 食事の時間
  • 洗濯について
  • 家の鍵の取扱いについて など

 

 

【学生寮】

受付の時間が24時間空いているところもあれば受付時間が限られているところもあります。

そのため、到着時間の事前連絡を必ず行いましょう。

 

 

【アパート/フラット】

学校がアパートを持っているところもありますが数は少ないです。

 

学校を通してアパート等を手配している際は鍵の受け渡し方法などを出発前にご案内します。

 

実際滞在するアパートと鍵の受け取り場所が異なる場合もあります。

 

学生寮と同様、おおよその滞在到着時間を事前に連絡する必要があります。

 

Family enjoying a day out at Sheffield Park Garden, Sheffield Park, East Sussex, England.

@visitbritainimages

 





  • 無料カウンセリング
  • イギリス留学“まるわかり”セミナー


お問い合わせはこちら
↑ページのトップへ戻る