イギリス人の国民性

皆さんが持っているイギリス人像とはどんなものでしょうか。

 

実際、イギリス留学が始まって間もないころは

  • 「イギリス人ってなんだかフレンドリーではないなぁ・・・」
  • 「こっちから話を振らないとなかなか話してくれないしなぁ・・・」
  • 「怒ってる?」
  • 「この沈黙、打開したい!」

 
とどうしていいかわからず
地団駄を踏まねばならない場面にもたくさん遭遇するでしょう。

 

そこで、「イギリス人の国民性」の一般論を
ここでは紹介していきたいと思います。

 

20世紀前半の世界大戦下、また
1970代に長い間続いた不景気の影響下でも
イギリス人はことあるごとにマイナスの状況や難局に立ち向かってきたことで有名です。

 

この逆境に立ち向かう姿こそが「イギリス人の精神」だと言われています。

 

でも、どうやって立ち向かっていったのか?

それってどういうことなのか?

 

・・・・それはずばり

辛いことも悲しいこともジョークで笑い飛ばすことのできる精神にあると言われています。

 

イギリス人を語るうえで皮肉やジョークは切り離せません。

 

イギリス人のジョークには他人(と他人のジョーク)を笑ってはいけないという暗黙の掟があります。

 

もし他人を笑えないのなら自分を笑ってしまおうという慣習(!!)。

 

悪いことが起きても
それを話のネタにして笑いとばすことで前進する姿や
自分のことを笑いのネタにすることで周囲を気遣う点にも見受けられます。

 

また、イギリス人は個人主義だと言われています。

「他人に関心がない」と揶揄されがちですが
彼らは「他人のプライベート空間/時間を尊重している」だけなのです。

 

そして、ジョークと同じくらい「論じること」が好き
同じ島国とは言え日本人とは大きく異なる点だと言えます。

 

ビジネスの上では
自分の仕事の範疇や能力のキャパシティーを超えたら
一切手を付けなくなり、身を引くのも上手だ、という印象があります。
日本で言う「義理」というものの概念がないからでしょうか?

 

いえ、おそらく、現実主義だからだと思います。
 

日本人が仕事にも生きがいを求めるのに対し
イギリス人はそんな日本人を「ドリーマー」だと言います。
仕事はあくまでもお金という対価を得るための手段。
そういう割り切った姿勢はある意味かっこいいです。
 

とは言え、争いごとやもめごとには
ジョークを交えながら場の雰囲気を緩和させるというスゴ技を持つ彼ら。

さすがは紳士・淑女の国です。
 
イギリスが「大人の国」と言われるのも
どんな時も自分(達)を客観視できる冷静さが備わっているからだと思います。

 

イギリス留学中の人間観察はとても楽しいですよ。

皆様もぜひ。

 

 

Audley End is an early 17th century country mansion, which was once a palace in all but name. A gardener rests on his fork in front of the house., Audley End, Essex, England.

Audley End, Essex, England. @visitbritainimages

 





  • 無料カウンセリング
  • イギリス留学“まるわかり”セミナー


お問い合わせはこちら
↑ページのトップへ戻る