手数料0円+17の留学サポートが全て無料

質問やお見積もり・資料請求などお気軽にお電話ください03-6427-2262

イギリス留学代行センター、ブリティッシュ・カウンシル公式□を保有するイギリス留学専門のカウンセラーが留学を無料サポート

今すぐ無料で請求する

ファウンデーションコース

 
イギリスの大学は通常3年制(スコットランドは4年制)です。
学部には一般教養課程がなく、専門科目のみを勉強します(スコットランドを除く)。
そのため、日本の高校を卒業した方は、イギリスの大学入学準備のために、ファウンデーションコースで9~12か月勉強することが必要です。
 

 

1. イギリス大学進学をお勧めする理由

日本のトップレベルの大学に行ける学力があっても、あえて海外の大学を選ぶ高校生が増えてきています。日本の大学に進学した場合、キャンパスライフやアルバイト、サークル活動などで英語や専門科目の勉強の時間が取れないかもしれません。社会に出る前の大学生の時期は、学ぶのに最も適しています。個人差はありますが、記憶、推論、知覚速度などは20歳をピークに衰えていくためです。英語で専門科目を学び、国際的な感覚を身に着け、将来の可能性を広げるという選択肢が一般的になってきているようです。
 
世界の優秀な人々は、英語で専門科目を学び、知識や概念を母国語に訳さずに物事を見ています。日本語と英語と2か国の言語で考えられる人は、日本語のみの人と比べてかなり創造性に富んでいます。イギリス留学で4年間勉強してグローバル人材としてのスキルを身につけ、人生の大きな財産としてください。人生は一度きりなので、妥協しないでください。
 
 
<イギリスの大学へ進学するメリット>

  • 1. グローバルに活躍する人材になれる
  • 2. 海外の方が進んでいる分野や日本にはない分野を学べる
  • 3. やりたいことを見つけられる

 
イギリス大学進学をお勧めする理由
 
 
1. グローバルに活躍する人材になれる
外資系だけでなく日本の企業でも、グローバルに活躍できる人材の需要が高まっています。業務で英語を使用したり、他国の人と働いたり、海外に出張したりと英語を使う場面は多々あります。そのため、海外大学卒業者のために就職ルートが確立されました。多くの企業では留学生の帰国時期に合わせた説明会や秋採用を実施して、意欲の高い海外大学卒業者を採用しています。また、イギリスの大学は教育の質が高く、世界で評価されています。在学中にヨーロッパの企業でインターンシップができる大学もあります。世界で通用する学歴と経験を持って、外国の一流企業で働くことも夢ではありません。
 
2. 海外の方が進んでいる分野や日本にはない分野を学べる
イギリスには、日本では深く学べない科目がたくさんあります。世界貧困問題について経済や環境、紛争などの様々な角度から研究し、解決しようとする「開発学」や、映画を見て批評をしたり撮影をしたりする「映画学」、ホテルや観光地で働きたい学生が経営やイベント運営などの知識を学ぶ「ホスピタリティマネージメント学」などです。演劇や踊り、大道芸などを学んで、大学卒業の学位が取れる学校もあります。イギリスでは、実践的に専攻を学べ、大学ごとに強い科目があり、また独自の教育理念もあります。そのため、どの大学にもトップクラスの優秀な学生が在籍しています。
 
3. やりたいことを見つけられる
将来の夢や目標がある人はもちろんですが、やりたいことがなく将来に不安を感じている人も多いのではないでしょうか。日本の高校生がイギリスの大学進学を目指す場合、大学進学準備コース (ファウンデーションコース) に9か月~1年間通う必要があります。文系、理系などある程度専攻を絞っておく必要がありますが、ファウンデーション在学中に学びながら専攻をじっくりと考えることができます。また、イギリスの大学進学では、日本の大学では得られない、実践的で実用的な英語力が身につきます。また、大学生活の中で、自主性・積極性・自己管理能力・異文化コミュニケーション・理解力などのスキルを身に着けることができます。イギリスの大学は教育の質が高く、世界で通用する学力を手に入れることもできます。イギリスの大学進学は、やりたいことを見つけ、スキルアップをするための、絶好の機会です。
 
イギリスの大学進学を選ぶ高校生が増えているとはいえ、一部のトップ高校を除いて、高校では留学サポートの体制が整っていない現状があります。そのため、ぜひイギリスに特化した専門知識を持った、留学カウンセラーを頼ってください!
 
イギリス留学代行センターでは、イギリスでファウンデーションコース・大学・大学院を修了した、経験豊富なカウンセラーが、イギリス大学進学をお手伝いします。
 

イギリス大学進学セミナーを無料で予約する!
メールでのお問い合わせ

留学相談・お問い合わせは

イギリス大学進学セミナーを無料で予約する!
メールでのお問い合わせはこちら

留学相談・お問い合わせは03-6427-2262

 
 

2. ファウンデーションコース (大学進学準備コース)とは?

イギリスの学部課程に進学した際に必要な、アカデミック英語(エッセイの書き方やプレゼンテーションのスキル)と、専門科目の基礎を学ぶ準備コースです。
期間は9~12か月です。
日本の高校を卒業した方がイギリスの大学進学を希望する場合、通常ファウンデーションコースへの進学が必要です。そこで一定の成績を修めると、大学に進学できます。
1月、9月開始が一般的です。
 
syashin1
 
 

3.ファウンデーションコースの種類

ファウンデーションコースには2種類あります。
 
進学を希望している大学がある場合、キャンパス内でファウンデーションコースを受講できます。
また、図書館を利用したり、イギリス人に混ざって大学のサークル活動に参加したりすることが可能です。
出願時に学部で履修したい科目を選択します。
合格通知が届く際は、ファウンデーションコースの合格と大学の条件付き合格が合わせて出ます。
ファウンデーションコースで規定以上の成績を修めた場合に、その大学に進学できます。
 
渡航後に勉強をしながら各大学を見学して進学先を決めたい場合には、様々な学校と提携しているファウンデーションコースがおすすめです。
ファウンデーションコースの履修科目とその成績によって、進学可能な大学やコースが異なってくるため、渡航前に事前にある程度大学を絞り込むことが必要です。
その代わり、多くのトップ大学に進学できる可能性があります。
大学入学時までに、IELTSを再受験し、既定のスコアを大学に提出する必要があります。
 

4.ファウンデーションコースの入学条件・出願書類

ファウンデーションコースの出願には、通常以下の書類が求められます。
 
・高校の英文成績証明書 (5段階で3以上、一部の大学では5段階で4以上)
・高校の卒業(見込)証明書
・IELTS for UKVI 4.5~5.5(ファウンデーションによって異なります、出願時に必須ではありません。)
・パスポート
※出願校によっては、志望動機書500words程度と、高校の先生からの推薦状が求められる可能性があります
 
syashin2
 

4-1. 出願スケジュール

コース開始の1年前から出願ができるようになります。
出願校を決め、書類を揃えて、合否通知をもらいましょう。
通常は出願から2‐4週間ほどで結果が届きます。
出願時にIELTS for UKVIの提出は必須ではありませんが、コース開始の4か月前までには取得して、学校に提出する必要があります。
また、ビザはコース開始3か月前から申請ができるようになります。
申請から取得には、通常3週間かかります。
 
出願スケジュール
 

4-2. IELTS for UKVIについて

ファウンデーションコースのビザを取得するには、基本的にIELTS for UKVI (IELTS for UK Visas and Immigration)のAcademicで規定の成績を満たす必要があります。英国政府が発表しているSecure English Language Test(SELT)の一つです。
 
詳しくはこちらをご確認ください。
 

4-3. 英語力の目安

IELTSスコア換算表
 
IELTSスコア
※弊社で作成した目安スコアです。
個人によってテストの得意・不得意もありますので、参考までにご覧ください。
 

5.サポートの流れ

5-1. 留学カウンセリング(留学相談)

イギリス大学留学についてわからないことがありましたら、小さなことでも構いませんので、お気軽にメールまたはお電話でご相談ください。
イギリス留学代行センターでは、大学各校の最新情報を踏まえて、1人1人のご希望に合わせて留学プランをご提案し、学校をご紹介しています。
初回のカウンセリングでは、留学までのスケジュールと必要な手続きについてもご案内します。
遠方にお住いの方には、メールやお電話(03-6427-2262)、スカイプでのカウンセリングも承っています。
 
syashin3
 

5-2. 学校選択

大学と科目選びは、留学の成功を左右する最重要ポイントです。
イギリス留学代行センターでは、カウンセリングで丁寧にご希望を伺い、1人1人に合った出願校をご提案しています。
 
イギリスには約160校の大学があります。
インターネットやパンフレットを使って、自分1人で大学を絞り込むには限界があります。
自分の学力に合わない大学や興味のない科目を選んでしまうと、滞在していること自体がストレスとなりかねません。
 
イギリス留学代行センターでは、実体験に基づいたご案内が可能です。
 

  • イギリスでの交換留学の経験
  • イギリスのファウンデーション・大学・大学院を修了した経験
  • ロンドン在住経験
  • 60校以上の大学からトレーニングを受けた経験
  • 50以上の都市を訪問した経験

 
また、イギリス留学代行センターは、留学業界15年以上の経験の中で、1,000名以上の留学をサポートしてきた実績があります。
 
お勧めの大学はこちら
 
syashin4
 

5-3. 出願

具体的な留学内容が決定しましたら
必要事項を入力の上、申込フォームを送信してください。
 
弊社より申込内容の確認を送付させて頂きます。
ご希望内容と相違がないかご確認ください。
 
イギリス留学代行センターは、イギリス留学専門の無料留学代理店です。
下記のお申し込みフォームからお手続きを申請されますと
以下のサポートが無料で受けられます!
 
海外生活アドバイス
イギリス学生ビザ申請のアドバイス
イギリス留学中メールサポート
イギリスの学校入学手続き
滞在先の手続き
現地空港送迎の手続き
海外旅行保険の手続き
航空券のご紹介
レンタル携帯電話のご紹介
海外用WiFiルーターレンタルのご紹介
イギリスで使えるトラベルマネーカードのご紹介
クレジットカードのご紹介
留学生向けトータルキャリアサポートパッケージのご紹介
 
※高校の英文卒業証明書と英文成績証明書、IELTS for UKVI Academicスコアはご自身でご用意いただきます。
※弊社では最善を尽くしてお手伝いさせていただきますが、合格を保証するものではないことをご了承ください。
 

5-4. 英語力向上

syashin5IELTS for UKVIで基準以上のスコアを目指してください。
ネイティブの英語は、IELTSに換算すると9.0です。
IELTSの入学基準のスコアでは、高得点が取れなかったり、授業を聞くのがやっとで発言できなかったりします。
イギリスの大学進学は、英語を学びに行くのではありません。
英語で専門知識を学ぶという意識をもって、渡航前にできる限り高い英語力を身に着けてください。
 
 

5-5. ビザサポート (オプション)

ファウンデーションコースの留学には、Tier4 General Studentビザが必要です。
学校が提示するファウンデーションコースの条件をすべて満たし、CAS(Confirmation of Acceptance for Studies)と呼ばれる入学許可証を、学校に発行してもらう必要があります。ビザ申請方法や必要書類は、毎年予告なく変更があります。
専門家に依頼するか、英国政府のホームページで確認してください。
 

5-6. 出発前準備

授業料支払いのアドバイス、航空券のご紹介、資金管理方法や、イギリスでの生活アドバイス、滞在先の手続き、海外用モバイルデータ通信レンタル、資金管理方法、留学生向けトータルキャリアサポートパッケージのご紹介など、様々なサポートを行っています。
 
syashin6
 

イギリス大学進学セミナーを無料で予約する!
メールでのお問い合わせ

留学相談・お問い合わせは

イギリス大学進学セミナーを無料で予約する!
メールでのお問い合わせはこちら

留学相談・お問い合わせは03-6427-2262

 
 

6. 留学費用計算例

2020年 イーストアングリア大学ファウンデーションコース
※1ポンド=150円
※生活費=月350ポンド

9か月コースの場合(目安)

  • 学費
    16,995 ポンド
  • 寮費
    6,804 ポンド
  • 生活費
    3,150 ポンド
  • 合計・・・
    26,949 ポンド

日本円に換算すると・・・
26,949ポンド×150円=4,042,350円
 

12か月コースの場合(目安)

  • 学費
    21,890 ポンド
  • 寮費
    8,883 ポンド
  • 生活費
    4,200 ポンド
  • 合計・・・
    34,973 ポンド

日本円に換算すると・・・
34,973ポンド×150円=5,245,950円
 
上記の他に必要になるものは以下のようなものが考えられます。
・航空券
・海外留学保険
・ビザ申請費用
 

7. ファウンデーションコース進学先の決め方

syashin7ファウンデーションコースの選択は非常に重要です。
コース選択を間違えると、行きたい大学に進学ができず、また学部で学びたい科目が選択できません。
また、自分のレベルに合っていない大学のファウンデーションコースに進学をすると、授業についていけず、コースを修了できません。
ファウンデーションの成績をすべてトップレベルの成績で終了しなければ進学できない大学もあります。
 
重視すべきポイントは5つです。
 

  • 予算に見合った学校か
  • 治安はよいか
  • ランキングはどうか
  • 学びたい学問があるか
  • ファウンデーションコースから学部への進学率は高いか

 
イギリス留学代行センターでは皆様に最適な学校を無料でご提案します。
 
お勧めの大学はこちら
 
 

8. イギリス大学での人気の専攻

大学の学部では、専門科目のみを学びます。
日本のように、第二外国語や体育、教養科目の履修が求められることは通常ありません。
社会学系や経営学系、理系やアート系に特化したファウンデーションコースがあります。
ファウンデーションコースを決めるにあたって、学部で学びたい科目をある程度絞っておく必要があります。

開発学

開発学はイギリスが発祥の学問です。
幅広い分野を学ぶコースと、特定の分野を集中的に学ぶコースに分かれています。
卒業後は、多くの学生が国際機関やNGO、NPOなどに就職しています。
syashin8<分野>
→国際開発(全般)
→開発と教育
→開発とビジネス
→気候変動とポリシー
→ジェンダーと開発
→人権
→移民
→紛争、平和 など
 

経営学(Business Management/ Management with Marketing
など)

ファイナンス(金融学)、会計学、経済学、マーケティング、人事、マネジメント(経営管理)など全般を学びます。
特定の分野に特化したコースもあります。
多くの大学で、希望者は在学中に、企業で半年~1年のインターンシップができます。
卒業後には、人事、会計士、マーケティング、コンサルタントなど、幅広い業界で活躍ができます。
syashin9<分野>
→マネジメント(経営管理)
→ファイナンス(金融)
→会計
→経済
→マーケティング
→ヒューマンリソース(人事)
 

政治学/国際関係学 (Politics/ International relations)

政治学は社会を円滑に運営していくために、社会制度や公的組織のあり方を研究する学問です。
政治理論や思想、政治史、国際関係、公共政策などを幅広く学びます。

国際関係学は政治学の分野の一つです。
国家同士や企業などが相互理解を目指し、どのように平和な関係を築いていくかを研究します。
卒業後は、政治や外交などの政治分野や、報道やジャーナリズム、公共/社会政策に携わるなど、幅広い分野で活躍が期待できます。
<分野>
→政治学原論や政治理論
→政治思想や政治学史
→国際政治や国際関係論
 

映画学 (Film studies)

映画学は、映画の理論や歴史・批評を学ぶ学問です。
また、映画製作での手法や実践的なアプローチも学びます。
授業では理論を学ぶだけでなく、映画を鑑賞して映画製作の背景にある、文化や政治、哲学、歴史的背景などを分析してディスカッションをしたり、論文を書いたりして理解を深めます。
卒業後は、映画業界での活躍が期待できます。
 

ホスピタリティマネージメント/観光学 (Hospitality Management/
Tourism Management)

ホスピタリティマネージメントは、ホテルやレストランマネージメント、観光学と、ファイナンス、アカウンティング、マーケティングなどの経営学の内容を合わせて学びます。
多くの大学で、希望者は在学中に、企業で半年~1年のインターンシップができます。
観光産業が盛んなイギリスでホスピタリティマネージメントを学び、インターンシップを経験することで、国際的な視点を身に着け、日本の観光事業での活躍が期待できます。
 

スポーツ科学/スポーツマネジメント学 (Sports Science/
Sports Management)

スポーツ科学とは、心理学や医学、心理学、栄養学、コーチングなどのスポーツを様々な角度から研究し、実践に結び付けていく学問です。
一方でスポーツマネジメント学では、施設やチーム経営のためのマネジメントやマーケティング、会計などを学びます。
卒業後は、スポーツ選手、指導者やトレーナー、スポーツ関連企業などで、社会に貢献することが期待できます。
 

心理学 (Psychology)

心理学では、人間の行動を分析する学問です。仮説を元に、実験や調査を通じて統計を出して研究をしていきます。イギリスでは心理学は理系扱いです。
統計学の履修が必須となるため、数学の知識が必要です。
認知心理学や教育心理学、犯罪心理学など、特定の分野を学ぶことができます。
卒業後は、大学院に進んで研究職についたり、心理カウンセラーや臨床心理士などを目指したり、医療機関や教育・一般企業など幅広く活躍できます。
 

コンピューター科学 (Computer science)

コンピューター科学では、プログラミングだけでなく、ハードウェアやソフトウェアシステムの開発やデザインなど、幅広い分野を学びます。
大学によっては、専門性をつけるために、ロボットのプログラミングや人工知能の開発、データ科学、サイバーセキュリティ、ゲームデザインや人間とコンピューターの関係についてなども履修できます。
卒業後は、ソフトウェア開発やシステムアナリスト、プログラマーとして、電子業界や銀行、コンピューター会社や政府など、幅広い分野でITスペシャリストとしての活躍が期待できます。
 

航空宇宙工学 (Aerospace Engineering)

syashin10航空宇宙工学では、飛行機やスペースシャトル、人工衛星の研究や開発を目的とした学問です。将来航空宇宙業界で必要なデザイン、開発、テスト、乗り物のシステム開発や実験などの側面を学ぶだけでなく、チームワークの鍬柄宇やITスキル、マネジメントや財務なども学びます。
卒業後は、エンジニアとして航空宇宙や製造、マテリアルのスペシャリストとして携わったり、設計者や生産管理者として業界に貢献したりと、航空宇宙業界での活躍が期待できます。
 
 
 

【大学進学準備コース
お問い合わせフォーム】

こちらのプログラムにご興味をお持ちの方は下記のフォームからお見積もり・ご質問などお気軽にお問い合わせください。
専門カウンセラーが折り返しご連絡させていただきます。
は必須項目です)

お問い合わせ内容


  • メールが届かない場合には、迷惑メールフォルダなどに振り分けられている場合がありますので、 迷惑メールフォルダやごみ箱をご確認ください。
    ezweb/icloudのアドレスにメールが届かないというケースが発生しております。
    ezweb/icloud以外のアドレスをお持ちの場合はそちらをご入力いただくか指定受信リストの登録をお勧めします。

イギリス留学のことが全部わかるイギリス留学完全マニュアル、無料プレゼント

夢が実現するイギリス留学の秘訣メールマガジン

30年以上の経験を誇るスタッフが最大26のサポートを提供!

イギリス留学専門カウンセラーによるイギリス留学最新情報

イギリス留学の専門家による大学進学セミナー

新着情報

イギリス留学の魅力

お申し込みはこちら

航空券予約

TwitterTwitterTwitter
おすすめ学校ランキング  
 
Twitter
Twitter
Twitter