手数料0円+17の留学サポートが全て無料

質問やお見積もり・資料請求などお気軽にお電話ください03-6427-2262

イギリス留学代行センター、ブリティッシュ・カウンシル公式□を保有するイギリス留学専門のカウンセラーが留学を無料サポート

今すぐ無料で請求する

留学体験者の声 ~E.Mさん~

英語でそろばんを教えられるようになりたい!

イーストボーン/English Language Centre
Eastbourneに15週間留学

ご出発前の感想
1、イギリス留学を通して体験したいこと

社会人経験を経て、勉強できる環境のありがたさに気がつくことができたので、思い残しがないよう、ストイックに勉強してきたいです!ただ、家に籠もりすぎず、色々なところへ足を運んで、経験値も増やしてきたいです。
 
あと個人的なことですが…英語でそろばんを教えられるようになること、自分の声で世界へそろばんをアピールできるようになること、が最終目標です。
(ロンドンにいる知人のそろばん教室へ訪問予定+その先生が所属する団体の講演会にも参加する予定です)

週末バースへ行くツアーに参加

週末バースへ行くツアーに参加

 

2、留学を決定前悩んでいたこと

①行き先
元々、オーストラリア(シドニー)へ行く予定でしたが、コロナ禍で状況が好転しないので、行き先を変更するか、状況が好転するのを待つか悩んでました。また、イギリスへ決めた後もどこの都市に行くか迷いました。最終的にブライトンかイーストボーンで悩みましたが、「ホームステイであれば断然イーストボーンがおすすめ!」という小濱さんのお言葉が最後の決め手でした。
 
②期間
1ヶ月以上、海外へ行った経験がなかったので、長期間行きたい気持ちと不安な気持ちがあり、期間の決定に迷いました。結果、4ヶ月語学学校/のこりの2ヶ月の滞在は行った後に考える…ということにしました。
 
③滞在方法
当初はホームステイでホストファミリーに気を遣いながら生活するのは疲れるだろうと思い、学生寮/シェアハウスを検討しておりました。学生寮は予算的に難しく、シェアハウスはコロナ禍での滞在に不安があり、結果ホームステイにしました。
 
長期滞在の経験がある友人に相談し、頼れる人ができること、ご飯の提供をしてもらえること、強制的に英語を話す環境ができること、シェアハウスよりリーズナブル…ということでホームステイに決めることができました。

 

3、イギリス留学代行センターを選んだ理由

オーストラリア留学の状況が好転しない中、とりあえずイギリスの話を聞いてみよう…ということで、ネット検索にて見つけた御社へカウンセリングをお願いしました。小濱さんに担当いただきましたが、まだイギリス留学を全く決めていない状況だったにも関わらず、お話を聞くと自分がイギリス留学している姿が想像でき、とてもワクワクできたことを覚えています。
 
実は、御社に伺った後、2社斡旋会社を訪問をしました。1社はとても事務的かつ営業的で全くワクワクせず…開始5分で早くこの話終わらないかな…と思ってしまいました。。もう1社は、小濱さんからお伺いした話も含めて相談をし、別視点からアドバイスをもらおうとしたのですが、その会社からもELCを勧められました。
 
そこで、最初のカウンセリングで、私の雰囲気や相談内容からELCを勧めてくださった小濱さんの目は本物だ!と確信でき、小濱さんの相談しやすいお人柄、的確なアドバイスから、安心感を覚え、御社にお願いしようと決めました。

 

4、イギリス留学代行センターを紹介するなら?

イギリス全体の都市について詳しいので、自分にあった都市が見つけられるはず!
相談することで「イギリス=とりあえずロンドン」というイメージが覆されるはず!

ストーンヘンジへも行きました!

ストーンヘンジへも行きました!

 

留学中の近況報告(1)
1、出発前に準備しておけばよかったこと

出発前は、どうしてもインプットの勉強ばかりになってしまっていたと思います。
単語やリーディングも大事ですが、やはり自分の思いを伝える機会が多いので、もっと自分の思いを瞬時に英語にできるような勉強をしていればよかったなと思ってます。
 
会話はどんどん進んでいくので、自分の言いたいことが言えても、相手の質問にすぐに答えられないことが多々あります。
渡航後は、常に頭の中での思いを英語にする練習をしてます。
これを渡航前にもっとやっていればよかったなと思いました。

 

2、ホストファミリーとのコミュニケーション

日本ではどうなのか…ということがよく話題にでます。
その他にも、夕食時はいつもその日にあった出来事を話してます。
 
日本では朝ご飯や昼ご飯は何を食べているの?
授業はどんな雰囲気?
趣味は?
好きなものは?
今日はどうだった?等々
 
学校の生徒同士の会話だと、使う単語がおかしかったり、言いたいことが言えなかったり…ありますが、ホストファミリーとの会話だとネイティブのリアルな会話ができ、おかしな言葉遣いは指摘してくれるのでホームステイを選んでよかったなと思ってます。

 

3、イギリスでどんなことに戸惑ったか

自分の考えを全然持っていなかったことに気が付き、戸惑いました。
日本では、日々溢れる情報をインプットしてるだけで本当に何も考えていなかったなと思います。
 
授業ではとにかく自分の意見を求められます。
最初の一週間は全くディスカッションについていけなかったのですが、それは英語以前の問題で、自分は考えを全然持っていない…ということに改めて気がつかされて、戸惑いました。

 

4、イギリスで困ったこと

学校の人数が少ないこともあり、自分のレベルよりも
ハイレベルなクラスに入ってしまい、
最初は、ほとんど話についていけませんでした。
 
当たり前のことですが、わからないタイミングですぐにわからない!と言わないと、
どんどんおいていかれました…。

 

5、持ってきてよかったもの

・エアーサロンパス
日本にいる頃は全くの運動不足でしたが、
こちらでは毎日平均1万歩あるいるので、持ってきてよかったです。
 
・浄水機能付ボトル(BRITA)
イギリスの水は硬水ですが、このボトルがあればを水道水を飲めるので重宝してます。
 
・防水ダウンジャケット(モンベルの山登り用のジャケット)
雨が降ったり止んだりなので、重宝してます。
(普通のダウンジャケットも持参しましたが、ほとんど防水のジャケットを着てます)

 

6、不要だったもの

・スカート/ワンピース
おしゃれ着として、ワンピース1着、スカート1着を持参しましたが、イーストボーンは田舎で、学校におしゃれしていくこともないので、不要だったと感じています。
(今後、ホテルでお食事…なんていう機会もなさそうなので…)

 

7、学校や授業の様子

コロナの影響もあり、入学時は学校全体で7人しかおらず、私は4人のB2クラスに入りました。
 
AMの授業はディスカッションが多く、PMは文法やライティングの勉強をしています。
人数が少ないからというのもありますが、生徒は自由に発言してます。
宿題は毎日けっこうな量が出て、苦労しておりますが、英語の勉強を主とする留学としては、良い環境だと思ってます。
 
最初は、学校全体の人数が少なく戸惑いましたが、学校の生徒全員が仲良しで、すぐに仲間に入れてもらえました。
休憩時間はいつもラウンジに集まり、他愛のない話をし、お昼休みは自炊する生徒もいれば、外食する生徒、外で買ってきたものをラウンジで食べる…等々みんな自由です。(毎日外食は高いので、私は自炊を始めました)
 
放課後もクラスメイトとカフェに行ったり、海辺を歩いたり、一緒に宿題をやったり…と楽しく過ごしてます。

 

8、これから留学を考えている方へ

留学の目的は何か、軸を決めた上で、イギリス留学代行センターさんに相談すると自分に合った街/学校を見つけられるかなと思います。
 
私の軸は「きちんと英語を勉強したい」ということで勧めていただいたELCイーストボーンを選択しました。
(+海の近い街+アットホームな学校とリクエストしました)
 
学校の生徒は皆真面目で、勉強に集中できる環境が整っており、ホームステイ先でも会話ができるので、終日英語漬けの日々を過ごしています。
そして、放課後には気分転換に街中を散歩して楽しんでます。
 
これが「海外の生活を体験しながら、短期間でアクティビティを楽しみたい!」という軸だったら、また違う街の選択になっていたかなと思います。
 
イギリスといえば、ロンドンやオックスフォード、ケンブリッジ辺りがメジャーだと思っていましたが、自分の要望を小濱さんに伝え、イーストボーンという街に出会えてよかったなと思ってます。

 

留学中の近況報告(2)
1、コロナ禍のイギリス国内旅行

2週間の冬休みを経て、1/3から学校が再開しました。
 
冬休み前はオミクロンが発生し、予定が二転三転してしまいましたが、(その節はお騒がせ致しました…)スコットランド(エディンバラ/スカイ島)とオックスフォードに旅行することができました。
 
当初はヨーロッパ数カ国に行く予定でしたが、コロナのお陰(?)で、イギリス国内の素晴らしいところをたくさん訪問することができ、とてもよかったです!

オックスフォードへ

オックスフォードへ
ハリポタの世界観

ハリポタの世界観
思わず深呼吸!

思わず深呼吸!
スカイ島でハイチーズ!

スカイ島でハイチーズ!
神秘的な雰囲気のスカイ島

神秘的な雰囲気のスカイ島
エディンバラの街並み

エディンバラの街並み

 

2、ホストファミリーだって英語の先生!

休暇中、別の語学学校の日本人の女の子と話す機会がありました。
 
彼女のホストファミリーの家庭は、別の国の子と同室で、部屋に机がなく、家ではあまり集中して勉強ができない、ホストマザーも家にいないことが多く、夕食は勝手に冷蔵庫のものを食べて!と言われることも多々ある…(たまに冷蔵庫に何もないことがある)という話を聞きました。
 
私は、ホストファミリーには大変満足しています。
毎日おいしいご飯やデザートを用意してくれて、一緒に食事をし、会話の中では私の英語の修正までしてくれます^^;
 
そして、クリスマスにはクリスマスプレゼントやお菓子(クリスマスソックス)を大量にいただき、ホストファミリーと一緒に、クリスマスをお祝いすることができました。
あまりの境遇の違いに驚き、改めて自分の環境が恵まれていることに気がつきました。
 
そして、彼女からは「ホストファミリー含め、ELCの環境がうらやましいんだけど、どうやって学校を見つけたの??」と質問を受け、御社の話&小濱さんのお話をしました。
 
留学前のご縁が異なるだけで、留学後の境遇がこんなにも異なるということを痛感し、留学前に御社と小濱さんに出会い、ELCを勧めてもらえたことが、とてもラッキーなことだったのだなと思いました。
 
改めて、留学前の手厚いサポートに感謝申し上げます!

ホストファミリーからのクリスマスプレゼント

ホストファミリーからのクリスマスプレゼント
一生の思い出ができました!

一生の思い出ができました!

 

3、コロナ禍では学校の対応も臨機応変

来週からは、レベル別のコースではなく、IELTSコース or 一般コースに分けて授業をすることになりました。
(学校は相変わらず少人数で…多少の入れ替わりがありつつも現状7人です(サウジ/トルコ/スイス/ブラジル/日本)。
 
私はIELTSのスコアは正直必要ないので、一般コースを選択しました。
 
先生にはある程度の基礎ができているし、一般英語だとA1~A2レベルの子と一緒に授業を受けることになるから、IELTSに挑戦してみたら?と提案を受けましたが、自分の目標(そろばんを教える/広めたい)の中では、IELTSのスコアよりもスピーキングのスキルをもっと伸ばしたいと思っていることを伝え、先生からの提案で正直選択には迷ったことも相談しましたが、一人一人の意見を反映してくれる学校のスタイルに満足しております。
(そもそも、他の複数名の生徒がIELTSを目指したいとのことで、クラス変更の経緯に至りました)
 
実際の授業がどうなるかは、始まってみないとわからないのですが…
学校での生活も折り返しとなったので、引き続き一日一日を大切にしながら過ごしていきたいと思います。
(2ヶ月経って、ようやく耳が慣れて聞こえる音が増えてきました…^^;)
 
日本でもまたコロナが流行してきましたが、お身体にはお気をつけてお過ごし下さい。

 

メールでのお問い合わせ

留学相談・お問い合わせは

メールでのお問い合わせはこちら

留学相談・お問い合わせは03-6427-2262

イギリス留学のことが全部わかるイギリス留学完全マニュアル、無料プレゼント

夢が実現するイギリス留学の秘訣メールマガジン

30年以上の経験を誇るスタッフが最大26のサポートを提供!

イギリス留学専門カウンセラーによるイギリス留学最新情報

無料オンライン英語講座

大学進学の専門家によるアドバイスイギリス大学進学

夢実現コーチング

新着情報

イギリス留学の魅力

お申し込みはこちら

航空券予約

採用情報留学協会
キャッシュパスポートAIG損保
※AIG損保のサイトへ
ジャンプします
Quality_English_AgentIALC
IHworldGCS
TwitterTwitterTwitter
人気都市!
その他の都市(五十音順)
おすすめ学校ランキング  
 
Twitter
Twitter
Twitter