イギリス留学代行センター、ブリティッシュ・カウンシル公式□を保有するイギリス留学専門のカウンセラーが留学を無料サポート
イギリス留学代行センター、ブリティッシュ・カウンシル公式□を保有するイギリス留学専門のカウンセラーが留学を無料サポート

留学の持ち物準備

こんにちは。
イギリス留学代行センターの松井です。

私は日本の高校卒業後にイギリスの大学と大学院を卒業しました!
本日は私の経験をもとに、留学に持って行く必要がなかったものについてお話します。

大学進学の情報はこちら

私が初めてイギリスに渡航する時に、心配症の母からたくさんのかさばる荷物を持たされました。

  • 洗面器(しかもハート型)
  • 洗濯ばさみ
  • シャンプーとリンスのボトル
  • クリアクリーン(歯磨き粉3本)
  • パーティードレスとヒールの靴
  • スーツ
  • 変圧器


実際はほとんど必要ありませんでした。

石鹸類は肌に合わないことがあるとか、少しフォーマルな服があると便利とか
母が人づてに聞いた情報を元に、相談なしに用意して持たされました。

パーティードレスや服は現地の流行があり、1着はイギリスで買いたくなると思います。

また、授業中に少し形式ばったプレゼンテーションをした時も、スーツではなく、落ち着いたワンピースと黒のカーデガンで十分でした。

(語学留学の授業内でプレゼンテーションをする場合は、フォーマルな服装は不要です!)


持って行った高価なものはそのまま持って帰ってきましたが、重たくてお土産分のスペースを占領して大変でした。


イギリス人は現地で生活しています。
必要なものはほとんど現地でそろえることができますのでご安心ください

逆に日本特有のものは持って行くと便利です。

菜箸や箸

学生寮やシェアアパートで自炊予定の方はあると便利です!

焼うどんや焼きそばをフォークで食べると味気ないですよね。


ヒートテックなどの暖かい下着

イギリス人は日本人より体脂肪率が高いため、真冬でも薄着です。
あなただけ沢山着込んでいたら、目立ってしまうので、薄着に見せるように暖かいインナーがあるとよいでしょう。




学生の方は留学準備の段階で、ご家族を巻き込んで情報収集すると安心です。


弊社の留学セミナーカウンセリングはご家族で参加いただけます!
イギリス留学専門の経験豊富なカウンセラーが、あなたに必要な情報をご案内します!